気まぐれな商売人が平穏に暮らす庵…涼風庵の宣伝もある。
http://ryoufuan.blog114.fc2.com/
スポンサーサイト
-------- -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告  
再会
2008-11-23 Sun 07:26

久々に、夜のんびりしてたアズマです。

まぁ、ボーっとしてたんスがね。
何気なく覗いた茶で、某人形遣いさんが天井に何か突き刺してたので…

無性に落ちてみたくなった。
ドテッ、って落ちたくなったのです。

いや、オレ…茶は苦手なんスがね。
我慢出来なかった。

で、まぁ天井から落ちたところ、琴さんと被ってその上に落下したんですね。
とんだ粗相を致しましたw
問題はそこじゃない。
落ちてみたかっただけなんで、すぐに退席するつもりだったのですが…

そこで事件は起きた。

あの人が現れたのです。
ボサボサの銀髪に、ニヤニヤと嫌な笑み…

Σし、師匠ーーーーーーーーーーーーー!!

そう、その男の名はクリューガー。
オレの師である。
何の師なのかイマイチわからないんですがね。

ってか、寝てた師匠が遂に起きてきたんだな~

あ、オレの師匠がどんな人か知らない方が多いと思うので簡単に紹介しときますか。

やたらと騒がしい・妙にウザイ・何をされても死なない

そんな感じでしょうか?
改めて思ったのは、オレとは芸風が違うという事ですw

早々に退席する事も出来ずにいた、そんな夜。
アズマがいつもより大人しかったのは茶が苦手というよりも、後で師匠にダメだしされる事を恐れていたからなのです(笑

…カーシャに来るらしいんで、見かけたら石を投げといてください。
まぁ、ホントかどうかはわかりません。
あの人、きまぐれだからな。



んで、逃げ出すように退席した訳ですが…
その後の師匠が気になり、翌朝ログを拝見しに行ってきました。

オモシロ過ぎるぞ師匠(爆笑

スポンサーサイト
店主の独白 | コメント:0 
<<シュプライムさまから | 風は穏やかに、涼やかなる庵 | 雷鳴が轟く山 ~その2~ >>
この記事のコメント
コメントの投稿
 

管理者だけに閲覧
 

| 風は穏やかに、涼やかなる庵 |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。