気まぐれな商売人が平穏に暮らす庵…涼風庵の宣伝もある。
http://ryoufuan.blog114.fc2.com/
スポンサーサイト
-------- -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告  
風にのってお味噌の香り
2008-10-12 Sun 21:59

それは昨夜の事…

西の芋城と呼ばれる我が居城の前に1人の男が立っていた。
顔見知りだ。
商人仲間の禊さん。
通称、みそさん(味噌さんでもミソさんでも可)
何の用だろ?
出迎えてみると…
「どうして城に住んでいるんですか」
「王子だからですか?」
と、開口一番これである。

ここ最近、みそさんが各地をテントで放浪したり、居候したりでフラフラしてるのは知ってたが…
今度はオレんところか?
と、話を聞いてみると…
どうやら開発枠の関係でオレに目をつけたらしい。
…だがオレが城住まいなので、がっくりw
「自分で買っても別にいいんですけどな」
なら買えよ!
と思わなかった自分が不思議です。
チョット待ってね。
とか言いながら、そさくさと建替え。

そんな訳で久々の大型店なのだ!!
「俺ちなみにそのうち出てっちゃいますが、いいのだろうか…」
とか言ってたが、その時はまた城に戻せば良いだけの話。

あ、表札も直さなきゃ。
涼風庵と…あれ?
みそさんの店の名前って何だっけ?
あるようでないらしい。
どうするかな(悩む
「涼風庵~風にのってお味噌の香り~」
とかでいいよ、と言われたのでそのまま採用。

こうして変な感じの同居が始まった。

そして気付いた。
同居するの初めてだ。
オレの初同居をむさい男に奪われたorz

ふむ、久々の大型店。
以前販売してた商品でも再開発するかな。
それとも新商品にするか…
のんびり考えよう。


おまけ、と言っちゃ何だが…
少し前にみそさんに投げたバトン。
それを見に行った時の事。
ピンクのうさたんパジャマに反応した彼は、やらかしてくれてた。
良い機会なので、こっちに載せても良いか聞いてみた。
OKだそうだ。

それがこれだ。


1060.png 

やられたorz

スポンサーサイト
店主の独白 | コメント:0 
<<【送り主バトン】~その3~ | 風は穏やかに、涼やかなる庵 | ゼノさんから>>
この記事のコメント
コメントの投稿
 

管理者だけに閲覧
 

| 風は穏やかに、涼やかなる庵 |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。